マウンテン・ゴリラのカーライフ

最高に面白いクルマのブログを作りたい!!(もちろん全編フィクションです)

BMW

ビンボーに見られないギリギリ・・・のクルマ

注意!!!!!! 以下のブランドを所有している方はこの記事は 読まない方がいいかも!!!! フォルクスワーゲン、レクサス、BMW、 アウディ、メルセデス 「ビンボー」には何も特別なことが起こらない国 ビンボーと思われるのだけはとにかく嫌だ。自己分析…

リッチ&成金趣味 に見え過ぎないギリギリライン・・・のクルマ

クルマをスマートに選ぶ ある程度年齢のいったオッサンにとっては乗っているクルマは、かなり本気で選ぶものだ。ベントレー・コンチネンタル、マセラティ・クワトロポルテ、レクサスLCなど、とにかく「リッチ」であることが前提となりそうな「キラキラ」なモ…

BMW3シリーズを買うべき人、MAZDA3を買うべき人

一流企業の若者は3シリーズを買おう!! 完全に業界の話題の中心はMAZDA3・・・フツーのCセグがとうとう「覚醒」ってことなんでしょうけど、日本のデフレマインドはなかなか重症。スープラ、3シリーズなど話題の新型が多いタイミングなんですけど、やはり…

愚人が盲目的にビーエムを選ぶ時代は終わった!?

バブル崩壊!? めちゃくちゃ失礼な言い分だけど、2000年以降に発売されたビーエム乗ってる人がクルマを語っても何も説得力がない。国沢光宏とか清水草市とか大井貴之とか・・・カーメディアで意味不明なことを言っている連中は2000年以降のビーエムに乗って…

メルセデス と BMW はどっちがクールだ!?

アウディ失速 アウディの2019年2月の販売台数がわずか1330台(日本)だったらしい。そして最も繁盛する3月の速報値でもわずか2306台(昨年同月比64%)で壊滅的だ。このブランドは2000年代に急成長してから日本でも月3000台規模をキープしてきたが、ここに…

HONDAインサイト VS BMW3シリーズ 「ブランドの正念場」対決!!

↓五味さん「すごい・・・すごい・・・BMW復活だわ・・・」 気合十分 どっちもとてもいい感じなんですよねー。ちょっとした巡り合わせなのかHONDAとBMWがかなりニアミスなタイミングでC/Dセグの新型スポーツサルーンを日本で発売しました。どちらも年収1000万…

日本ではBMWは『高級車』なんだよなー

日本専用エンジンの闇 新型3シリーズことG20系において、直4で180ps前後を出すグレード「320i」は完全に日本専用になるそうだ。これまでの320iも日本向けユニットはスペックを落として気候対策を施してきたから「日本専用」だったのかもしれないが、モジュ…

クールなBMWサルーンが復活するためには・・・

BMW

Dセグサルーンを買う理由 リーマンショック以降に何があっただろうか・・・!?週末は気ままにドライブしたい、ETC導入のために導入された高速道路の料金割引が割とスポーツセダンへの購入の動機になっていたのかも。高速利用のロングドライブを考えると、あ…

スープラ と Z4 はどっちの走りが良いのか!?

グルグル擬装無しの新型BMW Z4がミュンヘンのストリートにいよいよ登場!(MotorFan) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview! https://t.co/iIJGOAeGQw — CARDRIVEGOGO (@cardrive55) 2018年12月10日 トヨタの10年 2010年代のトヨタは世間で言わ…

おそらく日本市場をナメているブランド・・・

どのメーカーもちょっぴり嘘くさい 別に日本市場をナメているから一概に悪いということじゃないです。なんとなく日本で商売するの面倒そうで、手っ取り早く稼ごうという気持ちが隠しきれてない感じがプンプンする自動車メーカーって最近増えている気がする。…

量販メーカー限界の闘争・・・HONDA、BMW、MAZDA

スポーツカー対決!! 予選Dグループはホンダ、BMW、マツダの戦いです。総合順位が高い3メーカーによる予選グループなので当然にハイレベル・・・なはずですが、3メーカーの現状はともに王道のグランドツーリングカーよりも、よりエキサイティングな乗り味…

中型車13ブランドをランク付け・・・トップはもちろん!!

福野さんが・・・暴走!? 発売されたばかりの福野さんの年次レビュー集・2018年版「福野礼一郎のクルマ論評3」の巻末に、今現在のいいクルマ・悪いクルマってのがずらりと書かれている。ここ数年これを見るのが楽しみなんだけども、今年はちょっとショッキ…

マツダ、スバル、BMWがダイハツのKカーに勝つためには・・・。

ダイハツの実力 カナダ、オーストラリアなどワールドワイドで大活躍のMAZDA。北米で大人気のSUBARU。そしてお隣の韓国市場で驚異的な成長を見せるBMW。中型車市場で日本のビッグ3やVWよりもさらに高い評価を得ることが十分にできるこの3ブランドは、まだま…

BMWのエンジンを積んだスポーツカー・・・

もう笑い始めている!? 欧州を代表するエンジン屋のBMW。今でも本気で自然吸気ユニットを作れば8500rpmくらいにピークがある高回転ユニットをさらっと作ってしまうだろうけども、バブルの頃のスポーティな看板モデルに当たり前に搭載されていたその手のハイ…

欧州グランドツアラー4強時代は続く・・・

欧州自動車文化の原点? 21世紀も早々に「本格的」グランドツアラーの時代は終焉し、セレブはみんな『新幹線orスーパーカー』を使うようになるだろうと思われていたけども、外国人観光客が溢れる場所には行きたくないっていう風流な人もまだまだ多く、1000km…

ドイツ車が好きならば・・・完遂すべきだ。

BMW M5 vs Mercedes-AMG E 63 S https://t.co/EGlJaz80Hg @AutoExpressさんから — CARDRIVEGOGO (@cardrive55) 2018年4月25日 ドイツ車とは!? 『M5』『E63AMG』は、ドイツ自動車産業が誇る『高性能車』の代表的モデル。4ドアサルーンなのに300km/h以上出…

アメリカで売れないドイツ車はとうとう終わったのか・・・!?

ドイツが沈む とにかく「小粒」なモデルばかりが量産されている!? これからの時代は、ドイツ車の存在感はどんどん薄くなっていき、変わって韓国車の時代になってしまうんじゃないか!? あまり想像したくないですけど、そんな予感がします・・・。 EU、…

BMW 7 Series (2018 / NO1) F系ビーエムは・・・。

BMW崇拝 ブランド最高峰のモデルとして投入された『M760Li』ですけども、BMWがまだまだ根強い人気の日本ですから、アベノミクスで業績好調の事業主さんが税金対策に買っていて驚異的な売上を記録している!?・・・というわけでもないらしいですけど、このク…

選ばれし人のためのクルマ・・・それがビーエムダブリューだー!!

「今時ビーエムってダサくない!?」 とか発信している貧乏なインスタ野郎に限ってルブタンとか身につけている、BMWに乗っている俺より、オマエの方が絶対にダサい。断言してやる。インスタ映えする商品に次々に飛びつくバカを、世間一般では「カモ」ってい…