マウンテン・ゴリラのカーライフ

最高に面白いクルマのブログを作りたい!!(もちろん全編フィクションです)

ユニュウシャしか興味ないやつ・ホンモノにしか興味ないやつ

もっと戦え!!エンスーたち!!

  趣味としてクルマを所有する人々(エンスー)には、いろいろなタイプがいます。お互いに個性が強いから、幾らかライバルモデルに対して攻撃的な意見を発することもあります。「中傷はよくない!!」などお行儀いいことを言って偉そうに振る舞う人に、以前はしばしばブログ記事の表現について苦情を受けました。個人的には「お行儀いい奴らのせいでクルマはどんどんつまらなくなる!!」と思っているのですが、やはり以前の自分の記事と比べると憶測でメチャクチャに批判するなんてケースは少なくなっちゃいましたね。

 

  やっぱりエンスーたるもの、もっともっと本音でぶつかるべきだと思うのです。もちろんそれが原因でリアルな人間関係が壊れるのは本意ではありませんが、ネットでハンドルネームで語りあう限りは本音トークを心がけることが、クルマ文化を盛り上げるポイントなのではないかと思います。中には人格攻撃をしてくる「しょーもない奴」もいますけども、そこはしっかり区別して無視するリテラシーが必要ではあります。

 

  エンスーとは自分の「原理」と突き詰める活動だと思っています。その活動が横への繋がりを持って『文化』として顕在化するためには、つべこべ言わずに欲しいクルマには惜しみなく資金を投入しろ!!が大事なんですけども、それと同時に自分にとっての理想のクルマを、いかに他者が理解できる言語コードで供述・記述できるか!?も重要な要素だと思います。 エンスー=思考であって、思考とは言語を介するもの。要するに「乗らなきゃわからない」と言ってばかりじゃ何も始まらないから、目一杯理想を語ればいい。

 

相互理解は相手を叩きのめした後に芽生える

 

  「日本車が好きってヤツの気持ちがわからない」「輸入車がいいと思っているヤツはクルマ音痴なの!?」・・・まあこんな誤解があります。輸入車の方がなんとなくカッコいいんじゃないの!?これは小学生でも認識できる価値観なんですが、一部のエンスーには否定されます。なぜなら・・・現実的な価格で買える輸入車には「魂がない!!」とのことらしいです。

 

  世界で多くのファンを持つ有名ブランドには、それぞれブランドの理想を体現するようなモデルがありますけども、それを単純に比較した時に、日本車と輸入車ではWRXSTI(386万円〜)とBMW・M6(1854万円〜)くらい価格が違うんですわー。「本物しか選ばない」という不器用な人は、ロードスター、86(262万円〜)、WRXSTI(386万円〜)、シビックtypeR(450万円〜)、フェアレディZ(383万円〜)、ゴルフGTI(389万円〜) といったホンモノの日本的なモデルへと自然に意識が向いて、この中から手頃なモデルを選びます。

 

ホンモノ派の言い分

 

  それと同時に同じくらいの価格帯(300~600万円)の輸入車に対しては、とても批判的だったりします。実際に他の市場では30~50%ほど安い価格で売られているケースがほとんど。クルマが好きで詳しくなった結果、マーケット全体がわかってしまうと、この日本価格ではなかなか手が出しづらい(ボッタくられている気分)。そもそもクルマは『疑念』を残しまままで買うものでもないし。

 

  さらに価格だけでなく、その輸入車のルーツを知ってしまうと、余計に手が出せない。「ジープ・コンパスの基本設計は三菱RVRだ!!」とか「メルセデスAクラスは、三菱ミラージュのFFシャシーがベース!!」だとか、「MINIはホンダの旧型FF車が下地になっている」とか、・・・欧州車のほとんどが三菱のエンジン、ターボ、シャシーのどれかを使っているわけですし。それを『特別価格』で買う気にはなれない。

 

ユニュウシャ派の言い分

 

  その一方で何がなんでも「輸入車」という人の中には、そんなストイックなホンモノ志向をハナで笑っている人も。日本メーカーは「ホンモノ」を演出するのがとても上手い。なんだか「匠の技」みたいにあらゆる機能を宣伝されると簡単にノックアウトしちゃうようだ。本当に「匠の技」ならば、誰にでも買えるような価格にはならないはず。スポーツカーほどメーカーの営利判断によって企画されるモデルはない!!少ないユーザー、しかも一期一会かもしれない、そんなユーザーに「広告」だけで売り込んでしまおうというクルマに過ぎない・・・。

 

  そして輸入車派の人々は、「クルマの価値とは、自分自身の内面から出てくる」と考えています。自分自身の想像力・イマジネーションによってその価値は大きく変わるものだと。残念ながら日本車には十分なイマジネーションが湧くクルマがない!!NSXジムニーレヴォーグくらい!?あとは・・・。

 

  それに対して、世界のいろいろな地域の価値観を凝縮させたモデルが広く選べる輸入車は、ライフスタイルを演出するのに非常に都合がいい!!Gクラス、カングー、モデルS、ミニクロスオーバー、コルベット、XC90、ウラカンアバルト595、レヴァンテ、TT、3008、718ボクスターなどなど。

 

ホンモノ派とユニュウシャ派が分かり合える時

 

  全てはタイミングの問題でしか無いかも。世の中のあらゆるモノには移ろう価値があり、それは『人生』も同じじゃ無いの!?仕事で何かを成し遂げることに価値を置くか、結婚して幸せな家庭を築くことに価値を置くか。

  

  しかし個人個人の『仕事』や『結婚』に対して敬意を払わないクズな価値観が幅を利かせている!?神聖なはずの『仕事』や『結婚』が他人によってくだらないジャッジを受ける。ある人の職業が公務員だろうがユーチューバーだろうが、他人が不必要に意見すべきでは無いと思うよ。「利権」的な仕事なのか「イノベーション」的な仕事なのかの違いはあるにせよ、それ以上の優劣などの差はない。けど今の日本にはそれを不必要に差別したがる空気を感じるんですわ。それが『職業差別』や『不倫への批判』の温床なんだろうけど・・・。

 

  ・・・でそれをクルマ文化における議論に置き直すと。今も「日本車よりドイツ車が安全」とかいう80年代前半までの価値観を持ち続ける、クルマを知ろうともしないステレオタイプなオッサン。知識のアップデートがないので議論にならない!!核心の議論ができないならばクルマブログに首突っ込んでくるんじゃねー!!って思います。そんなのがユーザーの多数派を占めるってだけで、なんかとっても息苦しいですわ。とにかくそんなオッサンたちを教唆するベストカーやニューモデルマガジンXみたいな雑誌を改心させないといけないなー。

 

 

最新投稿まとめブログ

 

 

クラウン・マジェスタ 世界ナンバー1のサルーン。

いわゆる「高級車」ってやつを語ってみよう。

  一般人が日本の公道で走っていてもそれほど違和感がない高級サルーンといったらどんなモデルが浮かびます!?レクサスLS、マセラティ・クワトロポルテ、メルセデスSクラスの3台が、日本ではポピュラーかも。とにかく車重を抑制しようという考えはあまりなく、2000キロを超える車体を支える足回りは、ちょっとやそっとではバタつかないくらいに重厚なA型やH型のアームでガチガチに支えられているんだよね。

 

  この部分のお金がかかっていないクルマは、「高級車」と呼べるのだろうか!?と思う。どこのブランドのどのモデルだ!!といちいち指摘したりはしないけども、日本の道路にも海外から持ち込まれた「偽高級車」が氾濫しつつあるのは嘆かわしいことだ(ドイツ車とキャデラック!!)。

 

  2000キロ級ボデーなのにフロントはペラペラの『マクファーソンストラット』を装備した高級セダンもどき!?なんてのもある。これでそもそもいいクルマなんてできるわけがない!!高級車を発売しているのに、売れ行きが伸び悩んでいるブランドはだいたいここの設計でつまづいているといっていい。2007年に復活した先代クワトロポルテはここの部分を全く妥協しなかったから売れた!!イギリス車やドイツ車を押しのけてセレブが殺到したのも頷ける。

 

  サスに対する考え方は最近になって大きく変わってきている。あのトヨタでさえも社長の大英断で、今後はトヨタが直に開発を手がけるクルマではリアのトーションビームサスを使わない!!という方針が示されているようだ。(つまりヴィッツシエンタの次期モデルは、ダイハツマツダの設計を使うことになるのかな?)  

 

「走り」を追求するクルマが絶対に妥協してはいけないこと。

  いいクルマに必要不可欠なもの!!それは間違いなく設計に即したサス形式だ!!・・・なんて調子に乗って書くと数年前は袋叩きにされたものだ。いわゆる「逆鱗」に触れるってやつ。日本語のウィキペディアには、必死で「サス形式は関係ない」と書き込まれているが、本当にクルマがわかっている人なら、絶対にサスを妥協したモデルは買わない。ポルシェのようなRRで軽量なスポーツカーなら話は別だけどさ。とりあえず高級セダンなんて乗っただけでサス形式はわかる。安くてペラペラのサスだと、ゆすられ感がどうしても消せない。我慢できるかなーと思って、アコードHVやアテンザ乗ったけど無理だったよ・・・。

 

  サスの「違い」を体験したいなら、ジャガーXEとBMW3シリーズを乗り比べればいい。どっちがどっちとは言わないけど、片方はアルミダイキャストで丁寧に中空仕様で作り込んだマッチョなサスを使っていて、もう片方は・・・えー!!ってくらいにチープでペラペラだ。サス形式を言ってしまうとバレちゃうのでやめとく。あのペラペラのサスにランフラットって結構自殺行為だと思うけど、まあそこは欧州車ですからそれほど不快ではないですけどね。

 

  とにかくハンドリングが大きく違う。片方はスポーティで車重にもめげずにニュートラルな切れ味で曲がるのに、もう片方は完全なる弱アンダー仕上げ(諦めてやがる!!)。意図的な弱アンダーなのかもしれないけど、どう考えてもフロントタイヤの接地に起因する挙動を勘案しての判断だと思われる(やる気があるならもっとまろやかに作れるはず)。ダンパーが必死でタイヤがハネるのを抑えているし、ピッチングもロールも押さえ込んでいるから、ある意味ではいい仕事しているサスだと評価できるのかもしれないけどさ・・・。そもそもサス形式の選択の段階で勝負ついてしまってる。

 

トヨタ主導で「サス」にカネをかける時代がやってきた!?

  トヨタが!!ってよりもトリガーになったのはテスラです。EVのくせに!?いや車重がかさむEVだからこそサスペンションが大事な部位になっているんでしょうね。世界中のメーカーが否応無しにEVシフトに付き合わされることがほぼ決まっていますが、今のうちから、独自の乗り味を作っておかないと、高級EV市場で全く歯が立たなくなりますねー。メルセデスが重厚なサスへとシフトした理由も将来的なEVシフトを見据えた結果何でしょうね。

  各メーカーが使う自慢のサスを比べた企画でも、XEもしくは3シリーズのどちらかのサスは登場しません。トヨタプリウス(TNGA)のサスだってなかなかの重厚感を誇るものに変更されていますが、VWゴルフよりも乗り心地がよくなったのは、間違いなくサスの力ですわ。そんなトヨタがずっと前から極上のサスを使って仕上げてきたクルマが『マジェスタ』。このクルマは実は海外から高い評価を受けていて、中国が世界ナンバー1のサルーンだと認めたクルマです。国内専売なのにドイツ車を圧倒してしまう!!こういうクルマを選ぶのが、本当に良いものがわかるってことなんだよ。高級車に乗るならマジェスタのような本物を選びましょう!!

 

 

最新投稿まとめブログ

ジャガーとは、本物のエンスーの為のブランド。

ジャガーを正当に理解しない人々へ

  一般に日本のカーメディアは適当に誤魔化しているけども、ジャガーは、決してBMWを仮想ライバルにして『似たような』クルマを作っているわけではない。あんなの!!といったら失礼だが、一緒にされるのはちょっと心外だ。日本メーカーとドイツメーカーは何だか気持ち悪いくらいに似ているところが見られる。まあお互いにリスペクトし合っているって話なんだろうけど、他の地域(アメリカ、韓国、イギリス、フランス、イタリア)の高級車なんて眼中に無いって感じなのかも。

 

  ジャガーが大好きな私は、馴れ合っているドイツと日本の設計には不満が多いと感じている。それに対してジャガーは設計の各所にオリジナルの素材やメカニズムを使うことで、その価値を高めている「真心のブランド」なのがよくわかる。とっても納得できる!!だから多少は高額でも負担できる!!エンスーってそういうものじゃ無いの!?

 

  ブランドの方針なんてそれぞれだから、自分の好みのものを選べばいいわけだけど、ジャガーが真似していると誤解されているBMWさんは・・・とにかくモジュラーな設計を「是」としていて、結構目立つところに「割り切り」を押し込んでくるのが好きなようだ。それがたとえ軽自動車よりも質の悪い素材を使うというケースであっても、それになんの抵抗も感じないらしい。まあそのこだわりの無さ(ズボラさ)が好き!!ってのが本物のBMWファンだと思うが・・・。

 

  それとは真逆のジャガーはとにかく神経質なまでに設計に「オリジナリティ」を植えこむことが素晴らしいことだと考えている。英国のラグジュアリーブランドってのはとにかく「保守的」なんですよ。数百年来の貴族社会が確立しているイギリスと、70年前に社会システムがご破算になったドイツでは、社会が求める高級車像が違うんでしょうね。ドイツブランドみたいなポリシーを捨てた割り切りってのがなかなかできない。もっと余計なことを言うと、最近のドイツブランドのクルマ作りはどうも日本メーカーの悪い点を「合理化」の名の下に学び過ぎてしまっているような・・・。

 

  日本車とドイツ車のわずかな違いをネチネチと語るカーメディアなんてナンセンスだと思います。レクサスも日産もベンツもBMWアウディも・・・高性能車のベクトルが同じ方向を向いてる。5ブランドで徒党を組んで『高級車とはこういうものだ!!』と、世論を誘導しているようですわ。結局奴らの狙いはプレミアムブランドとして営業利益率を20%くらいまで押し上げることしか考えてないですから・・・。その実態は世界トップの利益率を誇る某日本メーカーと同じように古いエンジンとか大事に使い続けてるだけ。横並びで直4ターボ&V6ターボって感じで。

 

ジャガーは何でスーパーチャージャーとアルミなのか!?

  ジャガーも同類じゃないか!?って思われてますけど、ジャガーの上級ユニットはクルマのポテンシャルを追求するべく「スーパーチャージャー」仕様になってます。高級車になってもターボラグって何なんだよ!!VWがターボ&スーパーチャージャーのエンジンを搭載して話題になった10年くらい前には、この手数がかかった2種類の過給を駆使するエンジンが他の排気量でも色々なブランドから次々に登場するのかと思いきや・・・。

 

  そんなものに金をかけてられるか!!って感じで、どこも同調せず。VWもあっさりフェードアウト。唯一愚直に「これはスゲー!!」って反応してスーパーチャージャーエンジンを実用化してしまったのがジャガー。え?VWはやめちゃったの!?何だよ所詮は大衆ブランドじゃん・・・それと『偽貴族』が買うドイツと日本の偽ラグジュアリーブランド(プレミアムブランド)。最初からいいエンジンを作ろうなんて気持ちはサラサラ無いってことか!?

 

  バブル期にホンダが工場内に専用のアルミ精錬用の発電所まで備えて、製造を始めた初代NSXのアルミボデー。これもフェラーリに喧嘩を売った日本の後発メーカーにして、CVCCシビックを世界に放った偉大なるホンダが、理想を追求した取り組みでした。日本の大手メーカーで最も歴史の浅いホンダがいち早くフェラーリやポルシェに肩を並べた意欲的な技術なので、すぐさま広まるかと思いきや・・・やはり愚直にマネをして量販車に取り入れたのはジャガーだけでした。

 

  最近ではアルミボデーを『軽量化のため』に使うメーカーはメルセデスBMWなどボチボチ出てきましたけど、これはダメだ・・・。そもそもジャガーのアルミボデーは軽量化のためではなく、『捻れ剛性』をスーパーカー並みにアップさせるための最終手段として採用されています。アルミを使ってスチールボデーと同等の重量に設定すると、約3倍も肉厚なボデーができる。これが捻れ剛性にとってはそのまま3倍の強度アップの効果があるらしい。

 

  ドイツ車や日本車を愛する人々にボロクソに言われるかもしれないですが、高級車・高性能車の本質を丹念に妥協なく追求しているのがジャガーだと思いますよ!!ジャガーの視点から見たら、ドイツや日本のラグジュアリー車なんて、それこそフリー設計にワールドワイドなモジュラー部品を「納品価格」ベースで剪定しているだけの大衆車と変わらないわ・・・。

 

↓V6だけどいい音してるでしょー。ク◯ウンじゃこんな音出ない。ちょっと近所迷惑。

 

最新投稿まとめブログ

ランボルギーニ 乗れば人生変わるよ。

 

カーライフってのはさ・・・

もしあなたが、長澤まさみ新垣結衣みたいな『一流芸能人』と本気で交際したいなら、今乗っているドイツ車じゃまず無理だ。もちろんポルシェなんて論外だし。ましてやフランス車とか日本車とか乗ってる奴なんてのはホントに人間性を疑うよ。どこの誰が、そんなクルマを大事そうに乗っているヤツに「特別な感情」を抱くというのか!?六本木や西麻布界隈でオラついている23~29歳の『一般人』女性からも相手にされないって!!(まあ・・・彼女らは生ける屍みたいなものだけどさ)

 

とにかくスーパーな存在になりたいならばイタリアのスーパーカーに乗らないと何も始まらない。そんな派手なクルマは恥ずかしくて街中で乗れないというなら、失礼だがそれはあなたが小物だっていう証。そんなことでは一流女優をゲットするのは無理だ。スーパーカーに乗るにはそれに応じた大きな器が必要なんだよ。人を選ぶクルマ・・・これこそが熱中できるものじゃないの!? 『選ばれなかった人』はひたすらにスーパーカーを「金の亡者の乗り物」とか批判していればいいさ。

 

駅前で日本共産党会派の地方議員が街頭演説している。「格差社会の是正」だってさ。なぜかランボルギーニという固有名詞が登場。この市議がどういう了見でランボルギーニを語っているのか?そもそも特別公務員でしかない(浪人中かもしれないが)『税金寄生虫』が街頭で高額納税者のライフスタイルをディスる意味が全くわからんよ。てめーの給料を払っているのは誰だ!?法律で好き勝手に累進課税しておいてこの仕打ちはなんかおかしいだろ〜。最近の政治屋はちょっと変なヤツが多い。国会議員ツイッターで一般市民に喧嘩を売るなんてことがまかり通ってしまうイカれた状態の日本。

 

話を聞いてくれる有権者に対して、『ランボルギーニ』とか言っておけばストレートに共感してもらえるとでも思ったのか!?こんなマヌケな市議とその主張に同意してしまう能無し有権者はさっさと「駆除」していかないと、日本社会が抱える問題への有効な施策の実行なんて夢のまた夢だなー。みんなで敵視して違和感はないのか!?某国政府が盛り上げる反日機運みたいな感じ!?そしてスーパーカーについて理解が無さ過ぎる。5.2LのV10のウラカンを所有するのに毎年の自動車税がいくらかかると思ってんだよ!!日本中のクルマがエコカー減税になればそれでいいのか!?

 

ラカンが教えてくれる『豊かさ』とは!?

バブルを風化させて日本人がやっと踏み出し始めた『多様化社会』の様々なライフスタイルを、いちいち「格差社会」のネタにされるのは嫌だなー。なんでウラカン買うヤツはダメで、家とか生命保険とか買うヤツはOKなんだろー。「かんぽ生命」や武蔵小杉のタワマンよりもウラカンの方が『資産の保全』としては効果的だと思うんだけど・・・。なんでウラカンの価格が維持されるかって?それは冒頭に書いたように、一流女優と付き合うためのステータスになるから。家や生命保険がいくらあってもそんなに意味がない。ウラカンを転がす『器』が全てなんだよ。

 

当たり前だけど、トヨタからメルセデスに乗り換えても何も変化はない。何かあると思っているヤツは相当に世間からズレている。それにプリウスBMW3シリーズの両ユーザーの罵り合いなんて『目くそ鼻くそ』以外の何物でもない。そんなナンセンスな『誤差』の範囲で「多様性」なんて生まれてくるわけがない。ヤツらが乗っているクルマなんて欧州ではオバーチャンがマニュアルで乗るのにちょうどいいくらいのマイルド仕様。

 

男だったら本物を選べよ!!トヨタ86でもいいけどさ。歩きスマホとファミリーカーに埋め尽くされた『クソ』な現代に飲み込まれたくなかったら、ウラカンだと思う。ツインターボとかHVスポーツカーを『自然吸気ガソリンエンジン』だけで一気にまとめて抜き去ったニュル王者。GT-R911も488GTBも『ダークサイド』に堕ちたグローバルスーパースポーツの世界で、孤高の驀進を続ける猛牛。

 

自然吸気エンジンのドライビングフィールを愛する人々は、もう猛牛使いになるしかない(レクサスF使いってのもあるけど)。そして自動車業界にその『意思』をはっきりと表明すべきだと思うんですわ。そしたらアウディのR8以外のスポーティなモデルにも同じV10が載る!?そしてV8自然吸気が復活する!?日和見BMWもかつての栄光(E39M5)を取り戻すんじゃねーの!?とにかくこの『時代の節目』に最も重要なクルマはウラカンだ!!それは間違いない!!

 

 

最新投稿まとめブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

選ばれし人のためのクルマ・・・それがビーエムダブリューだー!!

  「今時ビーエムってダサくない!?」

とか発信している貧乏なインスタ野郎に限ってルブタンとか身につけている、BMWに乗っている俺より、オマエの方が絶対にダサい。断言してやる。インスタ映えする商品に次々に飛びつくバカを、世間一般では「カモ」っていうんだぞ!!『時計とか好きなんだよね』『その時計どこの!?』『ジェイコブ!!』『へー(お前に時計を語る資格はない)』

 

  原価のほとんどがデザイン料というバックや靴、偽物(自社製ムーブメントではない)の時計、物価がバカやすい東南アジアばかりに行く海外旅行。・・・たったこれだけのコンテンツのインスタを憧れの目で見る、本を読まない&自分で考えない大多数の人々。・・・そんな現実の世界を直視するのはあまりにも辛すぎる。まだヒトラーとか三島由紀夫の時代ならリアリティは確かにあったんだろな。

 

  商業主義の荒波に飲まれて、多くの敗残者が社会の底辺へと吐き捨てられている現実を直視しようとしない奴らの未来なんてどーでもいいけどさ・・・。テレビでホリエモンが超絶つまんねーことを熱く語ったりしてるの見ると、さすがにビビるね。一生カネには困らなそうな身分でも、電車の中で奥さん相手に世の中のことを偉そうに語るダセーオッサンみたいなこと考えちゃうんだねーって。周りに聞こえるくらいの声で金融知識を専門のアナリストみたいに語ってるオッサンいますよねー。人前で金融の知識をひけらかすなんて小物感半端ないわー。

 

  でもそーいう理屈っぽいタイプのおっさんに限って乗ってる車が被るんだよなー。まあとにかくBMWは理屈の塊みたいな乗り物だからさ。まず断言しておきたいのは『BMWは乗る人を選ぶ!!』ってこと。日本車しか乗ったことがない、世間知らずにはまず乗りこなせないよ。高級ブランドにもかかわらず3ペダルモデルが用意されているのが嬉しい!!ってんでMTなんて選んだら、クラッチ重いし大変だよ。マツダみたいにスコスコとシフトチェンジできるような半自動MTなんて、欧州の本場仕様とは程遠いね・・・。あれで満足してるおめでたいオッサンたちがそこら中でロードスター転がしてるね。

 

  BMWのユニットは気難しいですよ!!

  中途半端な踏み方されると、エンジンがしょげる・・・極端な話をすると、下手くそな運転では2500rpm以上は回らなくなる!!だから下手くそはBMWには近づかない方がいいよ!!(金の無駄だから) 2ペダル車でも、しっかりアクぺで煽る技術を身につけて置かないとCPUに拒絶されちゃいます。世間のバカ評論家はトルコン多段式ATのクロス気味のレシオを絶賛するけど、8HPの性能に頼って乗っているのは素人だよ。本物のBMW乗りなら・・・ユニットの精度に負けないくらいの瞬発力で右足を使ってます。それができない奴はやっぱり乗るだけ無駄。馬の耳に念仏。ぶたに真珠。トヨタのHVの電気CVTにでも乗ってろ!!煽れないCVTでスポーツセダンって何の冗談!?カムリとかシビックとかWRX・S4とかバカ丸出しだろ!?(BMWも偽蛸だろ!!って言われちゃうけどさ)

 

  マツダとかスバルとか日本車好きのDQNな人々は、回頭性がどーのこーの言う奴多いけど、ドイツのサルーンはそこは追求できない宿痾があるだよ(わかってない評論家多いけど)!?マツダ(アクセラ)やホンダ(シビック)のようなピーキーなハンドリングだと、250km/h対応させるためには、高速域でパワステを異常なレベルでロックさせないとクリアできない。BMWにはそういう味付けはないんだよ!!日本メーカーが勝手に機能性を拡大させた結果、車の本質を変えてしまっている!!これがBMWにもジワジワと悪影響を与えているのがちょっと気になってるけど。

 

  日本メーカーが正しいと思い込んでいる奴には、BMWの価値はわからないと思う。確かに迷走している部分もあるけど、『余裕』があるオーナーにはそれほど問題ではないですわ。他の有名ブランドも大なり小なり違和感ってのはあるって、ポルシェだってアストンマーティンだってベントレーだってさ。日本車の感性でBMWを語るな!!『誰でも乗れる』がコンセプトの日本車とは本質的に違うんだってさ。

  

↓俺のクルマこれ!!やばいっしょ。

 

最新投稿まとめブログ

↓これ乗りこなせば運転上手くなるよ!!

 

 

 

クルマといったらやっぱりベンツだろ。

『君達も早くベンツが買えるように頑張りなさい』

・・・あまり嫌味には聞こえない。就職したらセイコーの時計を買いなさい!!くらいのニュアンスかも。ドイツ車といえば、BMWアウディ、ポルシェなどベンツと対等に渡り合える高級ブランドがいくつもあるけど、ベンツだけはひたすらに下品に見えない。そこがこのブランドの一番気に入っているところですね。

 

ドイツの4ブランドの代表的なモデルを比べると、ベンツの良さは結構引き立つ。着座したと同時に、包まれるような安心感がある。S、E、Cだけでなく、AやBに至るまでそれは十分に配慮されています。特に新型のモデルは、ある程度身長が高い人がコクピットに収まっても、確実に心臓の位置はサイドウインドーのはるか下で、肉厚なドアーによって守られている。何気ない設計のこだわりだけども、アウディBMWではそこまで徹底されてなかったりするから面白いです。Eクラスのサイドウインドーはとっても小さい。まるでクーペのようだ。

 

 

ベンツらしさ

・・・ってのがわからない人も結構いるようですね。ベンツとBMWは何が違うか!?色々あります。もうこれだけでブログ記事が10以上は書ける!!特に最近のモデルに関しては、デザインの有無でしょうか。日本市場ではベンツが相変わらずに絶好調で、それに対して値引きをバンバンやっているはずのBMWがイマイチ伸び悩んでいるのは、コクピットに座った時のテンションが全然違うからだと思いますね。ステアリングの素材や操作感はどちらもあまり差はないですけど、特に『エアコンの吹き出し口』と『パワーシートの調節』『トリムの素材』といったいちいち目がいくところで、ベンツのデザイン力が爆発しています。

 

トータルで見てもBMWアウディは、特に内装に関してもっとシックリいく『コーディネート』がいくらでもできそうですが、開発担当者が『作り込む』ことを是としていないみたいですね。いわゆる中国系メーカーへ外注している内装にありがちなチグハグな雰囲気がまだまだ残っています。ハッキリ言ってしまうと、『やる気』か『センス』のどちらか、もしくは両方が決定的に不足している。これ・・・レクサスにも『かなり』感じます。なんで感動を作り込もうとしないのか!?言ってることとやっていることが一致しない。

 

マセラティやらキャデラックやら、高級車市場でシェアを取っていきたいフィアットGMの頂点に立つ高級車ブランドでも、やはりレクサスと同じような『ぬるさ』があります。メルセデスよりもはるかに巨大なグループですから、豊富な人材からそれなりに優秀なエクゼクティブが選ばれて、徹底して管理・デザインされたブランドで、ベンツを超えるという単純明解なゴールへ向かって、意気込んで新型モデルを作っているはずなんですが、ギブリもCT6もとてもじゃないけどベンツEクラスに及ばない。ちょっと余計なことを言うと、これ以外のブランドで案外うまく作りこんでいるのが日産とマツダなんじゃないの!?

 

高級車の価値がよくわからない

・・・という声をたまに聞きます。そういう人にはとりあえずベンツをおすすめします。A250(534万円)でもC250(670万円)でもE250(756万円)でもいいけど、200ps級のエンジンが載ったこの3モデルが現状のベンツの屋台骨と言っていいです。確かにもっとお手軽な価格のモデルもありますけども、マツダやスバルよりも安いベンツなんて認めたくない!!ベンツだったらこれくらいの価格の方が色々と納得できると思います。賢い世界中のお金持ちが、なんでこのブランドに執着するのか!?って考えれば自然と納得できるはず。

 

あまりケチらないのがベンツを選ぶポイントみたいですよ。私もそう思います。BMWアウディでもエンスー的なモデルは1000万円を軽く超えますけど、それ以外のモデルはやや存在感が希薄になるんですよね。なんとなくベンツの同タイプのモデルと比較した価格がついてますけども、ベンツとは仕上げの部分の出来栄えに明確に差があるわけです。なので中途半端に上級スペックの車に700~800万円くらい払うと後々に後悔するケースが多いのだとか。これが嫌だったら320iやA4を400万円くらいまで値切って買ったらいいと思います。プリウスの最上級モデルと同じくらいの400万円に収まる320iやA4ならそれほど後悔することもないはず。

 

つまりベンツというブランドはアウディBMWとは徹底的に立ち位置が違うんです。エンスーとかいう邪念などなく、純粋に高級車を楽しむスタンスを貫くことができるという意味で、おそらく日本で正規販売をしている唯一のブランドです。レクサス車から露骨に流れ出るトヨタの効率的な生産の陳腐な佇まいだとか、アウディBMWのどこか『おもちゃ?』を思わせるダミーなデザインだとか、そういう残念な要素が極めて少ないという意味で、非常に良質な高級車ブランド。それがベンツ。

 

 

 

最新投稿まとめブログ