マウンテン・ゴリラのカーライフ

最高に面白いクルマのブログを作りたい!!(もちろん全編フィクションです)

MINI 日本のコンパクトカーを蹴散らすマーケティング

なぜ輸入小型車の鬼門・日本で売れるのか!? 2018年3月に続いて2019年3月も日本市場で3000台の大台を突破した、イギリスの小型車ブランド・MINI。通常の月も2000台程度をコンスタントに売っているのだけど、300万円以上するノート、400万円以上するカロー…

メルセデス と BMW はどっちがクールだ!?

アウディ失速 アウディの2019年2月の販売台数がわずか1330台(日本)だったらしい。そして最も繁盛する3月の速報値でもわずか2306台(昨年同月比64%)で壊滅的だ。このブランドは2000年代に急成長してから日本でも月3000台規模をキープしてきたが、ここに…

輸入車は終わらない・・・

市場環境の変化は残酷だ・・・ どーにかしてくれよー・・・一日千秋の想いで待っている人も多いはずなんだけど、なかなか状況は変わっていかない。20年前にプリウスが出てきて、ちょっとずつ世の中が変わってはじめ、最初は大きな変化を感じなかったのだけど…

新型VWゴルフは打倒N-BOX!?

不思議な輸入車 「売れないVWゴルフなんて・・・」もうどーしようもないと思う。デビュー以来ひたすらに売れることだけを考えて作られてきたモデルがいよいよ8代目を迎える。ゴルフ1の改良版がゴルフ2であり、刷新されたゴルフ3と同じ設計を使う4、さら…

アルファロメオの突破口

現在の人気のメーカーは!? ブログを書いていると、各ブランドおよび各モデルの注目度がなんとなく測定できる。2019年に入ってからのトレンドは、やはりMAZDAですかねー。もともとMAZDAに興味がある人が多く読んでくれているってのもあるのですが、他のブラ…

MAZDAが「全知全能」になった理由・・・

「第五世代」までのMAZDAは不当に評価されていただけ・・・ MAZDAをバカにするカーメディアが減った。ちょっと前までは「コストダウンの権化」「マツダ地獄」「欧州車コンプレックス」みたいな批判は、マツダレビューの「枕詞」として一般化していたけど、各…

HONDAインサイト VS BMW3シリーズ 「ブランドの正念場」対決!!

↓五味さん「すごい・・・すごい・・・BMW復活だわ・・・」 気合十分 どっちもとてもいい感じなんですよねー。ちょっとした巡り合わせなのかHONDAとBMWがかなりニアミスなタイミングでC/Dセグの新型スポーツサルーンを日本で発売しました。どちらも年収1000万…

MAZDAやBMWもいいけどさ・・・市場はPEUGEOTを求めている!?

New Peugeot 508 HYbrid prototype review https://t.co/zzJOK3l4c4 @AutoExpressさんから — CARDRIVEGOGO (@cardrive55) 2019年2月23日 暴力的なラインナップ 2019年の新型モデルは「MAZDA3」「BMW3er」「スープラ/Z4」で決まりなのか・・・もう他のモデ…

HONDA のマーケティング・・・違和感しかない

普通車の新型モデルが続々登場しているが・・・ 四年連続で軽自動車市場を席巻し、無敵の国内最量販モデルとして君臨しているホンダN-BOX。昨年にフルモデルチェンジされ、2代目となりましたが、いよいよJNCAPの衝突安全テストでも、現行のフォルクスワーゲ…

日本ではBMWは『高級車』なんだよなー

日本専用エンジンの闇 新型3シリーズことG20系において、直4で180ps前後を出すグレード「320i」は完全に日本専用になるそうだ。これまでの320iも日本向けユニットはスペックを落として気候対策を施してきたから「日本専用」だったのかもしれないが、モジュ…

MAZDA 一体何を考えているんだ!?

マツダ・デザイン部門にはドレスコードがあるのか!? 2012年に「新章突入!!」を高らかに宣言したMAZDA。日本メーカーへの偏見は承知の上で、ゴッリゴリの属人的な「工芸」「アート」志向のクルマづくりを推し進めている。際立っているのはメディアに出て…

audi の20年はクルマの限界を晒してしまったようだ・・・。

↑オッサンが語る「上質」の定義は危うい・・・ 日本人に求められる素養 毎度毎度ですが、断定的な書き方で失礼します。興味ない人はさっさと消えろ!!まだまだ経済成長が止まらない中国は、その4000年にも渡る長い文明の歴史が嘘みたいに、富を生み出す以外…

クールなBMWサルーンが復活するためには・・・

BMW

Dセグサルーンを買う理由 リーマンショック以降に何があっただろうか・・・!?週末は気ままにドライブしたい、ETC導入のために導入された高速道路の料金割引が割とスポーツセダンへの購入の動機になっていたのかも。高速利用のロングドライブを考えると、あ…

スープラ と Z4 はどっちの走りが良いのか!?

グルグル擬装無しの新型BMW Z4がミュンヘンのストリートにいよいよ登場!(MotorFan) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview! https://t.co/iIJGOAeGQw — CARDRIVEGOGO (@cardrive55) 2018年12月10日 トヨタの10年 2010年代のトヨタは世間で言わ…

レザーとフルバケ・・・同型2台持ちマニアのエンスー新時代!?

クルマ作りの流行形 30歳を過ぎたあたりから、クルマ購入において、とても重要なウエイトを占めているのが・・・シート。公道しか走らないのであれば、エンジンやサスペンションはだんだんどーでもよくなってくる(よっぽどダメじゃなければ)。さすがにミッシ…